ミニチュアの家

複雑な業務に手を焼いている人は不動産管理ソフトを使おう

不動産管理ソフトを利用して効率的に仕事を進めよう

キーボード

不動産管理業務には賃貸管理などがありますが、複雑な業務のため、全て人の手で処理するとミスが起こりやすくなってしまいます。不動産管理ソフトを導入すれば、コンピューター上で効率的に管理することができます。不動産管理ソフトの機能は多岐に渡ります。基本的な機能としては、賃貸管理やマンション管理、請求・収支管理、工事管理、PMレポートなどがあります。クレーム管理も行なってくれるため、お客様の声を活かしやすくなります。
マンションには修繕計画が必要ですが、不動産管理ソフトでは修繕計画システムもあります。長期修繕計画について、シミュレーションを行いながら計画を作成してくれます。
現在では、小さな不動産会社でもホームページを作成していることが多いと思います。ホームページの運営にはコンピューターの知識も必要になるため、見やすく集客力の高いホームページを作成するのは簡単ではありません。不動産管理システムにはホームページ管理システムもあり、不動産業界に特化したホームページが簡単に作成できます。不動産管理ソフトを導入すれば、業務に慣れていない人でも簡単に操作できるのでミスも減り、業務時間の短縮化が可能になります。

情報の一元化や楽にPMレポート作成ができる不動産管理ソフト

不動産管理業務の煩雑さや非効率という問題を抱えているなら、有効な解決策として不動産管理ソフトを導入してみてはいかがでしょうか。スピーディにかつリーズナブルな価格で導入可能なパッケージタイプもあれば、より柔軟に使う機能を選択して導入できる自由度の高いソフトもあります。選択の幅が広いため、賃貸管理、収支管理など、自社で特にどの業務の効率化を図りたいのか、よく見極めたうえで最適な不動産管理ソフトを選びましょう。
例えば、プロパティマネジメントの会社が直面する課題としては、色々な種類の物件について、どのように一元的に賃貸管理業務を行ったらよいかというものがあります。プロパティマネジメントでは、一般住宅だけではなく、オフィスビルや商業施設などタイプの異なる不動産を数多く扱っており、それぞれ独自の手順で管理していることが多いです。
更に、手作業でPMレポートを作っている会社も珍しくありませんが、こうした業務手順の煩雑さは、すべて不動産管理ソフト導入で効率化・一元化に向けて改善可能です。特に、PMレポートについては、わざわざ手作業で改めて作成するまでもなく、システムにあるデータを根拠として自動作成する仕組みがあるため、作成だけではなく、修正や編集といった付随する業務も不要になります。

導入前に特徴やメリットを把握しておきたい不動産管理ソフト

不動産管理会社というのはかなりざっくりした総称のようなもので、同じ不動産管理会社というくくりの中でも、業務内容にはかなりの幅があります。扱っている物件種類からして、一般住宅用物件もあれば、商業施設やオフィスビルのような大型不動産もあるなど非常に幅が広く、それぞれに管理手順も異なっています。
しかし、そうした違いにも関わらず、業務非効率という共通の課題を抱えている会社が多いことも事実です。業務非効率に対するソリューションの代表格がシステム化ですが、この点、不動産管理業務も例外ではありません。基本的な物件管理、賃貸管理、請求管理など、不動産管理の諸業務において非効率という課題を抱えているなら、まずは不動産管理ソフトを導入する方向で検討してみるといいでしょう。
ただ、不動産管理ソフトにも色々なタイプのものがあり、それぞれに特徴やメリット、導入コストも違います。大抵のソフトでは、収支管理、物件管理、賃貸管理等の機能は標準装備されており、パッケージタイプでは更に多くの機能が予め含まれています。基本機能の他の機能については、各々の会社のニーズに合わせて自由に組み合わせて選択できるソフトもあります。予算やニーズを考慮して、自社に最適な不動産管理ソフトを選ぶといいでしょう。

article list